【最新刊】愛の夢とか

愛の夢とか

川上未映子

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あのとき、ふたりが世界のすべてになった――。ピアノの音に誘われて始まった女どうしの交流を描く表題作「愛の夢とか」。別れた恋人との約束の植物園に向かう「日曜日はどこへ」他、なにげない日常の中でささやかな光を放つ瞬間を美しい言葉で綴る。谷崎潤一郎賞受賞作。収録作:アイスクリーム熱/愛の夢とか/いちご畑が永遠につづいてゆくのだから/日曜日はどこへ/三月の毛糸/お花畑自身/十三月怪談

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2016/06/03Posted by ブクログ

      僕たちはきっとどんなにがんばっても、すごくなれない。すごくなりたいわけでもないけど、どこかでそうやって僕たちは特別さを求めている。
      どこまでも普通で、はてしなく平凡な毎日の中、瞬間的に人生の真理が顔を...

      続きを読む
    • 2016/06/29Posted by ブクログ

      アイスクリーム熱…なんとも寂しい。
      愛の夢とか…のっぺりした近所付き合い。
      いちご畑が永遠につづいてゆくのだから…熱にうなされている時の夢みたい。
      日曜日はどこへ…本が縁となる出会いと別れ。
      三月の毛...

      続きを読む
    • 2016/04/20Posted by ブクログ

      サイン本で。
      「十三月怪談」に震えました。
      年々、川上さんの書くお話が好きになってくる。
      歳を取ったってことだといえばそれまでなんだけど。

    開く

    セーフモード