危機の現場に立つ

中満 泉

1,265円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    クローズアップ現代+に著者出演で話題! 国連軍縮担当事務次長であり、二人の女の子の母親である中満泉さんは、世界中の紛争地で平和活動に奮闘しています。本書は、その生々しい交渉現場から、目の当たりにした不正義への憤りと国連で働く意義、グローバルに子育てと両立して働く方法まで、これから国際協力の現場を目指す人に有意義なメッセ―ジが詰まった1冊です!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/07Posted by ブクログ

      自分の決断が、それそのまま誰かの生命に関わる。
      こんな恐ろしいことはない。

      とんでもない仕事をしていると思った。

      お子さんからの手紙には
      かあちゃん、だいすき、世界を、たのむ。
      彼女の仕事は全部こ...

      続きを読む
    • 2018/01/07Posted by ブクログ

      「男は出世を目的に仕事をするけれど,女は平和のために仕事をする」という言葉(記憶を頼りに書いたので正確ではないかも)が印象に残っている。
      すごい人がいるものだ。

    • 2017/10/26Posted by ブクログ

      帯文:”国連日本人ナンバー1中満泉が語る平和活動の最前線” ”サラエボ、旧ユーゴスラビア、アフガニスタン、シリア……死と隣り合わせの現場で不条理な現実と、どう闘ってきたのか。”

      目次:はじめに、パー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード