【最新刊】大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

1冊

著:吉田裕子

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    「今日は私におごらせてください」「お見それしました」→目上の人に使うと失礼なのはなぜ?「すみません」「申し開きもできません」→反省の気持ちがより伝わるのは?「私淑する」「薫陶を受ける」→直接指導を受けた相手を言うのは?大人として身につけておきたい教養のひとつ、「語彙力」。“語彙力のある人”や、“話していて知性を感じる人”は、適切な文脈で豊富な言葉を使いこなします。語源やニュアンスといった言葉の背景を理解したうえで、年齢や立場にあわせて、言葉を磨いているのです。そこで本書では、言葉の意味だけでなく、「使用シーン」「成り立ち」「強さ、重み」「ニュアンス」といった基本知識に加え、知性あふれる言葉を日常で使いこなすための解説をつけました。言葉の引き出しが少なくて、思っていることが伝わらない…幼い言葉を使っているせいで、バカっぽく見られている?そんな思いが少しでもよぎったら、是非、本書を読んでみてください。普段の会話はもちろん、仕事でのやりとり、メールや手紙、お詫びするときなど、あらゆる場面で使える厳選200語が身につきます。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/10
    出版社
    かんき出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.4
    12
    5
    0
    4
    5
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      言い回し一つをとっても様々な言い回しがあるのだという事は、私含め皆さんもよくご存知だと思いますが、いざ「どの場面」でを想定すると使いどころを見失いがちなのもまた事実です。
      そのようなケースバイケースで...

      続きを読む
    • 2019/08/04Posted by ブクログ

      時おり難しい言葉を使ってくる人がいるので対処法に借りてみた。ケースによって項目が振り分けられているのでわかりやすい。勘違いしがちな言葉が多数載っていて、今まで気づかず赤っ恥をかいていたこともあったろう...

      続きを読む
    • 2019/05/14Posted by ブクログ

      オーディオブックでリスニング。
      事例もふまえているので、良いと思いました。
      ただ、全て実践するのは難しいと思うので、印象に残ったものから取り組んでいきたいです。

    開く

    セーフモード