【最新刊】江夏の21球

江夏の21球

著者:山際淳司

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本のスポーツノンフィクションのシーンを塗り替えた表題作はじめ「スローカーブを、もう一球」「異邦人たちの天覧試合」など、山際淳司を代表する野球短編全12作品を収録。解説・河野通和(編集者)。第1章 江夏の21球江夏の21球/落球伝説/バッティング投手/テスト生/ノーヒット・ノーラン/負け犬第2章 スローカーブを、もう一球スローカーブを、もう一球/〈ゲンさん〉の甲子園/幻の甲子園と冨樫淳第3章 異邦人たちの天覧試合〈ミスター社会人〉のこと/野球の「故郷」を旅する/異邦人たちの天覧試合[解説]颯爽と駆け抜けた友よ 河野通和

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/10
    連載誌/レーベル
    角川新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2017/10/12Posted by ブクログ

      山際淳司を一躍売れっ子スポーツノンフィクションライターにならしめた「江夏の21球」。昭和54年近鉄VS広島の日本シリーズ第7戦。9回裏無死満塁の攻防。広島の守護神江夏がこの絶体絶命の窮地に投じた21球...

      続きを読む
    • 2020/05/03Posted by ブクログ

      「江夏の21球」は、あの時テレビで見ていた以上に手に汗握る状況を再現する。再読する度にに興奮を覚える。

      「異邦人たちの天覧試合」も、当時既にそんなにもの海外からの選手が活躍していたとは知らなかったし...

      続きを読む
    • 2018/04/30Posted by ブクログ

      衣笠選手が亡くなったと聞いて真っ先に思い出したのが、故 山際淳司氏の代表作、「江夏の21球」で、この本を見っけ出して購入した。最初に読んだのはいつだろう?書かれたのは昭和55年で、僕はこの作品が収録さ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード