【最新刊】わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち

1冊

著:西牟田靖

1,500円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    年間20万組超が離婚する現代――。ある日、子どもたちと会えなくなってしまった父親が急増している。彼らはなぜ子どもに会えなくなったのか? 男たちが歩むそれぞれの人生を、自身も当事者であるライターが描く。別れてから現在までのこの2年半の間にお会いした当事者の方々。彼らの声を集めたのが、この本である。本のタイトルを『わが子に会えない』としたが、今は会えている人、再び会えなくなった人も証言者に含めている。子どもに会えなくなった男たちとはいったいどのような人なのか。別れに至るまでにどのように出会い、子どもをつくり、そして別れたのか。そして別れた後、どんなことを思い、どのような人生を歩んでいるのか。善悪では計りきれない多くの人生、つまりはより多くの視座を伝えることで、“会えない”という現象に可能な限り接近したいと思っている。(本書「プロローグ」より)。『僕の見た「大日本帝国」』、『本で床は抜けるのか』の著者による最新作!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/14

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/14Posted by ブクログ

       近年「痴漢冤罪」の議論が賑やかであるが、「DV冤罪」もまた根深いものがある。

       自身も離婚により子の親権を失った著者が、同様に子供を「奪われた」男親へのインタビューをまとめた書。
       男親からの証言...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/03/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2017/02/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード