【最新刊】フェイスブック 不屈の未来戦略

フェイスブック 不屈の未来戦略

1冊

著:マイク・ホフリンガー 翻訳:大熊希美 解説:滑川海彦

1,699円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【フェイスブックが世界最大級SNSになるまでの困難・教訓を、ライブ感満載の筆致で描く】シェリル・サンドバーグの近くで働き、開発者のひとりである著者が、フェイスブックのこれまでとこれからについて描くインサイドストーリー。著者が「その成功は偶然ではない」と断言するように、フェイスブックがこれほどまでの地位を築くにいたった過程は、困難に満ちていながら、それでも「世界をよりオープンにつなげる」という一貫したミッションに向けて進む。その過程がインサイダーらしいライブ感にあふれた筆致で描かれている。2011年刊行の『フェイスブック若き天才の野望(日経BP社)』が起業時の話なら、本書はその後、19億人のユーザーを獲得し、企業として確固たる地位を築く過程の物語。その意味で、スタートアップ業界にいる人だけでなく、一般のビジネスマンにも参考になる話が満載。また、テクノロジー業界のリーダーが描く未来をも垣間見ることができる。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/14
    連載誌/レーベル
    T’s BUSINESS DESIGN
    出版社
    TAC出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.3
    6
    5
    2
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/27Posted by ブクログ

      2019/1/27
      ■問題提起している課題・背景
      Facebookは、グルーポン、ジンガ、マイスペースなど衰退した企業と大した違いはなく、今でも成長を続けているのはただの偶然であるかのようにとらえられ...

      続きを読む
    • 2018/03/18Posted by ブクログ

      映画ではカバーされていなかったマイクの生い立ちなど。
      新興国でのFacebookゼロという取り組み
      日本とドイツのはネットの普及率が高いのにFBのエンゲージが異様に低い→なぜ→匿名を好む、恥の文化か?...

      続きを読む
    • 2017/11/10Posted by ブクログ

      映画『ソーシャル・ネットワーク』を観ると、ザッカーバーグ氏とフェイスブックの成功は時流に乗ったまぐれ感を持つが、実は緻密に計算された戦略と実現のために揃えたスタープレーヤー、そしてそれらを支える「Br...

      続きを読む
    開く

    セーフモード