【最新刊】炎の墓標

炎の墓標

1冊

西村京太郎

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    マンモス・タンカーの爆破中止と引きかえに100万ドルを要求する脅迫電話が新太平洋石油にかけられた。100万ドルの振込み先は、バリ島にある小さな商店だった。犯人の真の狙いは何か。また航行中のタンカーをどうやって爆破できるのか。この途方もない脅迫事件の進展があばき出したものは? 壮大な推理。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/07
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2012/07/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/07/17Posted by ブクログ

       読んで良かった。母より拝借。
       曰く、西村京太郎の社会派ミステリは読んでも良い、らしい。
       序盤で一気に引き込まれたが、後半少しだれた。世代懸隔。
       企業のスタンスは尤もだし、戸津川警部はもう少し、...

      続きを読む
    • 2009/03/06Posted by ブクログ

      2000.6.15 35刷 ¥590
      マンモス・タンカーの爆破中止と引きかえに百万ドルを要求する脅迫電話が新太平洋石油にかけられた。百万ドルの振込み先は、バリ島にある小さな商店だった。犯人の真の狙いは...

      続きを読む

    セーフモード