【最新刊】こちらあみ子

こちらあみ子

今村夏子

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/07
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(183件)
    • こちらあみ子
      2021/01/23

      今村夏子 著

      この前…初読した「あひる」短編集が、あまりに不思議な気持ちを伴いながら、胸を打った、希少で素晴らしい作品だったので、絶対この作家さんの他の作品も読みたいと手にしたこの作品 
      今回は違っ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • こちらあみ子
      2014/07/21

      ―――なんか、自由の象徴じゃのう。―――

      「こちらあみ子」(「あたらしい娘」より改題)で第26回太宰治賞。
      「ピクニック」を収録した単行本で第24回三島由紀夫賞受賞。
      さらに書きおろしの「チズさん」...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • こちらあみ子
      2020/08/12

      小説にはたいてい一人の語り手が存在し、読者はその語り手の目を通してしか、物語の中の世界を見ることができない。

      「こちらあみ子」の語り手であるあみ子の目を通して見る世界は、とても異質なものに思えた。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード