【最新刊】イヴの迷宮 下

イヴの迷宮
2冊

著:ジェームズ・ロリンズ

756円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

謎の通信手段か、神の手か、あるいは単なる偶然なのか──?遺伝子に秘められた謎の数字(コード)とは?〈シグマフォース〉VS 中国軍科学技術集団が激突! 人類の未来の鍵を手にするのはどちらだ!?全世界で日本でベストセラー! シリーズ最新作! 知能の物差しとは変わることのできる能力だ。――アルバート・アインシュタイン旧人類の特徴と現生人類の形状を併せ持つ巨人の遺骨古代の叡智を保管した失われた図書館の存在アダムとイヴが使用していた失われた言語失われし文明大陸アトランティスと人類の発達の影の原動力──古代の教師……人類の知能の起源はどこにあるのか?〈あらすじ〉北京で監禁されたコワルスキとマリアは、中国人民解放軍の劉佳英少将による北京動物園の地下施設でのおぞましい研究を目の当たりにして、バーコが実験台として使用されるのを阻止しようと試みる。その頃、グレイたちはアタナシウス・キルヒャー神父の足跡を追って、南米エクアドルのジャングル奥地に向かう。だが、そこにも中国の放った追っ手が迫りつつあった。コワルスキたちを救出するため北京に飛んだモンク・コッカリスは、地下の秘密施設への潜入に成功するが、そんな彼らの前に最強の生物が立ちはだかる。五万年前にホモ・サピエンスの知能が突然に進化した「大躍進」と、エクアドルの洞窟はどう関連しているのか? その進化が導く人類の未来は、必ずしも輝かしいものとは言えないのかもしれない。◆科学的事実から──謎めいた人類の変革=「大躍進」我々の起源に関する根本的な謎――何が我々を人間たらしめるのか――は、ある一つの質問に要約できる。「なぜ我々はかくも賢いのか?」人類の知能の進化は、今なお科学者や哲学者たちを悩ませている。我々の脳の成長を、初期のヒト属から約二十万年前のホモ・サピエンスの出現まで辿ることはできる。しかし、五万年前に我々の種の知能が突然に発達した理由は、今もって謎のままである。人類学者たちはこの変化の時期を「大躍進」と呼ぶ。化石に残された記録から、芸術、音楽、さらには武器までが、爆発的に進化したことが判明している。何がそうさせたのか? 本書で事実が明かされると同時に、より不安をあおる疑問が浮かび上がる。我々は第二の大躍進を目前にしているのか? それとも、我々は後戻りする運命にあるのか……。

続きを読む

レビュー

3.8
16
5
3
4
7
3
6
2
0
1
0
  • ネタバレ
    2019/04/18Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2019/03/08Posted by ブクログ

    読書録「イヴの迷宮(下)」4 著者 ジェームズ・ロリンズ 訳 桑田健 出版 竹書房 p13より引用 “そのような高度に知能の発達した個体を今 の私たちが遺伝子操作によって生み出したら、 その結果と...

    続きを読む
  • 2018/11/25Posted by ブクログ

    人類がどのようにして知性を身につけたのか?現在の人間となる始まりを研究している科学者が手掛かりとしたものは、神父の日記。その日記に隠された謎を追いかけ、南米エクアドルへ。 毎回、このシリーズに登場する...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード