【最新刊】警察回りの夏(メディア三部作)

警察回りの夏(メディア三部作)

堂場瞬一

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    母子家庭の幼い姉妹が自宅で殺害される。死体発見時から母親が行方不明の為、母親犯人説が浮上。日本新報甲府支局の南は、本社への栄転を懸け、特ダネを狙って精力的に事件情報を収集。警察のネタ元から犯人の情報を掴み、紙面のトップを飾る記事を書いた。だが、それは大誤報となって……。巧妙な罠に翻弄されながらも、新聞記者としての矜持と野心の狭間で真実を追う男の闘い。長編ミステリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/07/07
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 警察回りの夏(メ...2017/06/13Posted by ブクログ

      本作は主要視点人物たる南の物語であるのだが、“新報”に象徴される「新聞という存在」、そして新聞に代表される「メディア」、メディアが扱う「情報」、情報が駆け巡っている「最近の社会」、その社会で暮らす「人...

      続きを読む
    • 警察回りの夏(メ...2017/06/10Posted by ブクログ

      最初は少々退屈そうな話のような気がしたが後半は一気に読めた。作者にとってのなんらかの区切りみたいな意気込みがあったのかな。

    • 警察回りの夏(メ...2017/11/23Posted by ブクログ

      題名から、新聞記者から見た警察の捜査とか警察官の行動とかを描いた警察小説かと予想して読み始めたが、見事に外れた。
      本書は、著者の新聞記者だった経験をもとに、現在の危機的状況を危惧したメディア小説ともい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード