【最新刊】教え子が成長するリーダーは何をしているのか

教え子が成長するリーダーは何をしているのか
1冊

著:夏まゆみ

1,177円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

「部下が自分の言うことを聞いてくれない」「相手が伝えたとおりに行動してくれない」「指導に行き詰まっている」部下が言うことを聞いてくれないのは、リーダーとしての「育て方」に問題があるとよく言われますが、じつはそうではありません。夏先生は、教え子を指導するとき、とにかく「言葉の使い方」を工夫することで、たくさんの問題児たちをまとめあげ、成長させてきました。その秘訣は「押しつけ言葉」を使うのではなく「成長言葉」を使うということ。「押しつけ言葉」とは、自分が思ったことを口にして伝える言葉で、「成長言葉」とは、相手の視点に立ち、相手の成長を促すような言葉をいいます。ちなみに、「緊張しなくていいよ」「自信を持っていいよ」「目標達成すごいね」などの言葉は、すべて言ってはいけないNGワードです!せっかく築いた信頼関係を壊してしまうケースもあるため、指導する立場の人は必ず知っておく必要があります。ではどう言えばいいのか?それを本書で具体的に解説いたします。*目次より第1章「成長言葉」をかけるリーダーに、教え子はついてくる第2章「成長言葉」を生み出す三原則第3章「成長言葉」でほめれば、信頼と成長が急加速する第4章「成長言葉」で叱れば、相手はちゃんと理解してくれる第5章教え子が成長すれば、リーダーはもっと成長するし認められる

続きを読む
提供開始日
2017/06/29

レビュー

0
0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/05Posted by ブクログ

    人を育てるために言葉をどのように使うか。リーダーと言っているが,相手を「教え子」と呼んで育てる意味では教師・コーチ業に通じる内容。自分が言いたいことを言う「押しつけ言葉」ならぬ,相手に自信を与え,道を...

    続きを読む

セーフモード