星へ行く船1 星へ行く船

著:新井素子

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    新井素子の人気シリーズを新装・完全版として刊行スタート!森村あゆみ、19歳。〈ちょっとした事情〉で地球を捨て、火星へ家出中。宇宙船に乗って無事に地球から出航したと思ったら、怪しげな男たちと同室になってしまい、やっかいな事件に巻き込まれて――!? 表題作ほか、きりん草とそれに関わる人たちを描いた「雨の降る星 遠い夢」、水沢総合事務所へあゆみが就職する前のエピソードを描いた書き下ろし「水沢良行の決断」、新あとがきを併録。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    27
    5
    13
    4
    9
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/15Posted by ブクログ

      私は、いい年したオッサンだかヤングアダルト、ライトノベル、ジュブナイルもよく読む。新井素子さんの星へ行く船を読み、ラノベって面白いなとあらためて感じる。

    • 2018/07/29Posted by ブクログ

      母親から引き受けた本。小学生をこの本と共に過ごしたので思い入れが強い。太一郎さんがかっこ良い、あゆみちゃんよりもレイディとのラブ希望だった。何はともあれ、新井素子の文体は良い意味で小説っぽくなくて読み...

      続きを読む
    • 2018/01/15Posted by ブクログ

      本作を最初に読んだのは約30年前のこと。それ以来、ストーリーは忘れていたけれど、作品の存在は覚えていた。印象に残っているのは、主人公の森村あゆみのキャラクタだ。快活で女の子らしくて、もしかすると当時の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード