【最新刊】家光は、なぜ「鎖国」をしたのか

家光は、なぜ「鎖国」をしたのか

山本博文

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東アジア情勢、貿易摩擦、宗教問題、特異な為政者──徳川家光政権時に「鎖国」に至った道筋は、現在の状況によく似ている。世界的にも「内向き」傾向の今、その歴史の流れをつかむ。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/30
    連載誌/レーベル
    河出文庫

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      家光がなぜ「鎖国」をしたのか、については本の1/3ほどで説明してます。やっぱり島原の乱の影響が大きかったようですが、ポルトガルを追い出すにあたってはかなりポルトガルからの反撃を恐れたようです。この辺り...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      幕府を作るときの家康や秀忠と違い、国を作ることにおいて実質的な功績のない家光。そして、病弱である体質も起因し、神経質な性格を持つ家光は、周りに自分が信頼できるものたちを配置し、大目付をつくり、各大名を...

      続きを読む

    セーフモード