【最新刊】真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥

真夜中のパン屋さん

6冊

著:大沼紀子 画:山中ヒコ

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。 希実の母・律子の死から五年の月日が経ち、暮林や弘基の周辺には様々な変化の波が訪れていた。 それは、常連客である斑目やソフィアやこだま、美作親子や多賀田たちにとっても同様だった。 そしてもちろん、希実にとっても……。 「まよパン」シリーズ、ついに完結!!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/30
    出版社
    ポプラ社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    1385
    5
    274
    4
    581
    3
    479
    2
    44
    1
    7
    レビュー投稿
    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      シリーズ最終巻。ラストはそれぞれのその後を丁寧にかいてくれて、そこには希実がちゃんと全部出演してて、テレビのような雰囲気がとてもよかってた。
      恋人としての距離感や、人間関係に相変わらずの屈託を抱えてて...

      続きを読む
    • 2019/09/07Posted by ブクログ

      相変わらず突拍子も無い人物が出てきたなあ、榊氏。
      手品のために白い鳩常備してんのかな?
      希実が病気の母との対面で、しめっぽくならなくてほんとよかった。
      ちゃんと自分の気持ちをところどころでぶつけること...

      続きを読む
    • 2019/09/07Posted by ブクログ

      レモンソースのアイスデニッシュとか、めっちゃ美味しそうー。
      夏祭りに女子高生の浴衣姿なんてものはもちろんなく、あるのはイケメン定員のヒョウ顔柄の浴衣とゆうとこ、斬新!!!
      幼少時の希実の環境はほんとに...

      続きを読む
    開く

    セーフモード