【最新刊】エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層

エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層

1冊

著:鹿島茂

730円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    予言を的中させるトッド理論、初めての本格解説書! ソ連崩壊、リーマン・ショック、アラブの春、英国のEU離脱、トランプ当選……など「予言」を次々と的中させ、世界中で話題を集めている フランスの人類学者エマニュエル・トッド。なぜ、トッドの予言は的中するのでしょうか?明治大学で人気の、鹿島茂教授の「トッド入門」講義を書籍化! 大胆な彼の発言を支える理論をわかりやすく解説します。 「あらゆる問題は、トッドの家族システムという概念で説明ができる! 」と、鹿島教授が世界史の有名事件、混迷する世界情勢や社会問題、そして現代人の悩みまで紐解いていきます。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/30

    レビュー

    3.8
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/31Posted by ブクログ

      社会情勢や過去の事件などを、人口構成や家族構成、女性の識字率から類型化した主に4つのパターンから説明する。非常にシンプルで、納得感があり、魅力的な説。あまりに見事なので、反証を探さないと、と思う怖さが...

      続きを読む
    • 2018/06/20Posted by ブクログ

      エマニュエル・トッドさんの家族類型理論のとてもわかり易い解説と応用。応用編の題材が今の閉塞感あふれる世界や日本に関係する事案でちょっぴりだが心が休まった。

    • 2018/05/11Posted by ブクログ

      家族人類学者エマニュエル・トッドの提唱した4つの家族類型とイデオロギーを世界史の有名な出来事や現代の社会問題に当てはめている。日本は「直系家族」。結婚した子どもの一人(多くは長男)と両親の同居が原則、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード