【最新刊】淫獄温泉~おさな女将が柔肌で強制接待中~(分冊版) 【第12話】俺の上で腰をふれ

淫獄温泉~おさな女将が柔肌で強制接待中~(分冊版)

12冊

藤丞めぐる

108円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    「おまえの体を、この旅館の“売り”にしてやる」両親が急死したため、創業200年の老舗旅館・倉田屋(くらたや)を継ぐことになった少女・倉田芽生(くらためい)。しかし、経営状況は思わしくなく、芽生は悩んでいた。ある日、大手リゾート会社の社長・高城聖也(たかぎせいや)が倉田屋を訪れる。芽生の父親は生前、彼に多額の借金をしており、既に倉田屋は高城のものになっていたのだ。高城に「すぐに出ていけ」といわれた芽生だったが、両親が遺した倉田屋を手放したくない一心で、手を引いてほしいと高城にすがる。高城はその姿に過去の自分を重ね、売上を伸ばすことができれば、このまま倉田屋を経営することを許してやると提案し、芽生はそれを受け入れる。高城は、芽生の幼い顔に似合わない成熟した体に目をつけ、体で客をもてなすよう命じる。そんなことはできないと拒絶する芽生だったが!? ※この作品は『蜜恋ティアラ Vol.24』に収録されています。重複購入にご注意ください。

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    28ページ
    提供開始日
    2017/07/07
    連載誌/レーベル
    蜜恋ティアラ

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード