烈風ただなか

著者:あさのあつこ 装画:丹地陽子

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    江戸時代中期、十五万石を超える富裕な石久藩。鳥羽新吾は上士の息子でありながら、藩校から郷校「薫風館」に転学、自由な気風を謳歌していた。その「薫風館」で陰謀が起きる。かつての学友たちが斬殺され、その真相を知った学友だった瀬島が自害。中老である彼の父も罷職となった。真実を知るはずの新吾の父は、事件後何事もなかったかのように妾宅に住み、そして二年が過ぎようとしていた。新吾は元服を迎え、親友の栄太は江戸へ遊学し同じく同輩の弘太郎には嫁取りの話が来ている。ゆっくりと時が進んでいたある日、弘太郎の近所で太刀傷の死体を見たと証言した隠居の老人が事故死する。同時に、弘太郎の許嫁の八千代が不自然に新吾の姓「鳥羽」に対し戦く。そして、突然栄太が謎の理由で帰郷する。かつての陰謀から、再び陰嵐の気配がわき起こる。最も熱い「青春時代小説」!

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/01Posted by ブクログ

      L ただなかシリーズ2

      なんか読んだことあるよーなと手に取ってみると、薫風ただなかからの続きモノだった。
      前作から2年後。ずっとこのままではいられない若者たち。薫風の自分の感想を読んだが、後半突...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/09/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2019/09/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード