【最新刊】日本史の叛逆者 私説・本能寺の変

日本史の叛逆者

2冊

井沢元彦

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本能寺の変、未遂に終わる! 間一髪で難を逃れた織田信長は、すかさず明智光秀を返り討ちに。さらには、羽柴秀吉らを率い、毛利氏、伊達氏、北条氏らを次々と軍門に降していく。そして天正11年夏、ついに織田信長は〈太陽城〉の天守閣にて「日の本の統一」を天皇に報告した……。日本史ファンならば、一度は夢見る「信長、天下統一」。史実よりも痛快な、仮想歴史ロマンの傑作。『日本史の叛逆者』シリーズ第2弾登場。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/28
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/11Posted by ブクログ

      著者の歴史観をそのまま反映させた小説で、まあまあ楽しめる。
      にしても中大兄皇子のキャラ設定には、ちょっと失敗しているように思えるなあ。

    • 2011/08/01Posted by ブクログ

      本能寺の変が露見し光秀が逆に討たれ、そのまま信長が天下統一するイフ話です。光秀に諭され、少し温和になった信長(笑)
      あまり奇想天外な流れにはならず、信長が生きていたらこんな感じになってたんだろうなーな...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2009/11/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード