【最新刊】歴史の証人 ホテル・リッツ 生と死、そして裏切り

歴史の証人 ホテル・リッツ 生と死、そして裏切り

1冊

著:ティラー・J・マッツェオ 訳:羽田詩津子

2,647円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史はホテルで作られる……。パリ、ヴァンドーム広場に面したホテル・リッツ。世界中の観光客の憧れの的であるこのホテルは、ナチス占領時、ゲーリングが拠点を置いたにもかかわらず、そこには同時にコクトー、サルトル、ボーヴォワールら多くの作家、文化人たち、王族たちも出入りし、女優のアルレッティやシャネルのように、ドイツ人将校の愛人となる女性たちも多くいた。そしてパリ解放時には、従軍記者だったヘミングウェイ、戦場カメラマンのロバート・キャパらが先を争ってリッツを目指し、イングリッド・バーグマンはキャパと出会い恋に落ちる。ホテル・リッツという舞台を切り口に描かれた、まるでグランドホテル形式の小説のような傑作ノンフィクション。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/30
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/17Posted by ブクログ

      パリ・ヴァンド-ム広場に君臨する「ホテル・リッツ」。1898年開業以来の様々な歴史の断面を綴ったオムニバス形式による記録文学である。世界一流を誇るホテルだけあって、二度の欧州大戦をとおして行きかった著...

      続きを読む
    • 2017/12/24Posted by ブクログ

      ――その夏、あり得ないほど大きな死と恐怖に直面した人々は、苦悶しながらも、ついに最後の最後で良心のとがめを感じ。自分がしたことの残虐さと同時に、しなかったことの冷酷さと向き合う羽目になった。――

      1...

      続きを読む
    • 2017/11/11Posted by ブクログ

      歴史的な価値は高いのだろうが、何しろ登場人物が多すぎてすんなりと頭に入ってこなかった。
      それでもホテルリッツの華やかさだけは充分に伝わって来た。

    開く

    セーフモード