東大卒貧困ワーカー(新潮新書)

中沢彰吾

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    東大卒、元アナウンサーの筆者が、介護退職した後に見たのは、奴隷労働にも等しい「派遣・非正規」の実態だった。徹夜での12時間労働、日給1300円の仕事、研修名目で3ヶ月間無給等々、人の弱みにつけこむ求人が、今も堂々とまかり通っている。さらに資産家のふりをさせる詐欺紛いの「替え玉」派遣まで登場――徹底した現場主義による潜入取材で見えてきた、知られざる労働現場の真実。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード