【最新刊】今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました

今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました

1冊

劔樹人

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大人気ブログ【劔樹人の「男のうさちゃんピース」】『男の家事場』シリーズ、待望の書籍化! 40P以上を描き下ろし!! 音楽を生業としていた僕は、2014年にエッセイスト・タレントの犬山紙子と結婚し、兼業主夫になった。慣れない家事の、難しさと面白さ。くだらなくて笑える、小さな幸せ。でも僕は―― 「妻に稼いでもらっている」「音楽では食っていけない」。もやもやと過ごしていたある日、妻の妊娠が発覚し…? 夫婦で補いあったら、妻が稼いで、僕が家事。「ヒモと言われたら気にするけれど、それでも我が道を行く。」手さぐりの家事から日常の幸せをつまみあげる、ゆるくて時々ヒリつく主夫コミックエッセイ。

続きを読む
ページ数
147ページ
提供開始日
2017/06/23
出版社
双葉社
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
2
5
0
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/12/23Posted by ブクログ

    2018/12/22読了


    今の時代では、これも「アリ」だと思う。
    男だから仕事 女だから家事っていうステレオタイプはもうナンセンス
    今後どんどん、もっともっと変わっていくと思う。


    しかし、奥様...

    続きを読む
  • 2018/05/04Posted by ブクログ

    犬山紙子の旦那のコミックエッセイ。
    こういう生き方もあるのですね。
    ちょっと寂しく、元気ももらえます。
    家事が得意でなくても、主夫(主婦)にはなれるんですね。

  • 2018/04/08Posted by ブクログ

    戸惑いと気づき。
    そうだよ、主婦だってはじめはできないんだ、と思う。
    もうちょっと愚痴めいたことも
    見てみたい。

セーフモード