谷崎潤一郎犯罪小説集

谷崎潤一郎

486円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    仏陀の死せる夜、デイアナの死する時、ネプチューンの北に一片の鱗あり……。偶然手にした不思議な暗号文を解読した園村。殺人事件が必ず起こると、彼は友人・高橋に断言する。そして、その現場に立ち会おうと誘うのだが……。懐かしき大正の東京を舞台に、禍々しき精神の歪みを描き出した「白昼鬼語」など、日本における犯罪小説の原点となる、知る人ぞ知る秀作4編を収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード