谷崎潤一郎犯罪小説集

谷崎潤一郎

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 247(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

仏陀の死せる夜、デイアナの死する時、ネプチューンの北に一片の鱗あり……。偶然手にした不思議な暗号文を解読した園村。殺人事件が必ず起こると、彼は友人・高橋に断言する。そして、その現場に立ち会おうと誘うのだが……。懐かしき大正の東京を舞台に、禍々しき精神の歪みを描き出した「白昼鬼語」など、日本における犯罪小説の原点となる、知る人ぞ知る秀作4編を収録。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(73件)
  • 2015/02/25
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2012/07/21

    私の生まれる100年前に谷崎潤一郎は生まれている。
    そんな時代に書かれたものだとはちょっと思えない。単なる推理小説とは言い難い、犯罪小説集。そこでは、マゾヒズムと精神病と犯罪心理が絡み合う。

    潤一郎...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2012/08/30
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード