織田作之助『夫婦善哉』『六白金星』を読む(文芸漫談コレクション)

奥泉 光/いとうせいこう

108円(税込)
ポイント 1pt

文学者で、キムタクみたいに四文字で略してもらえるのって、オダサク以外にいますか? でも織田作は当時からそう呼ばれていたんですよね。今回は「評価低すぎる、織田作すごい!」(いとう)と言わしめた織田作之助の『夫婦善哉』『六白金星』二作品を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。本電子書籍は、文芸誌「すばる」2015年10月号に掲載された作品の電子版シングルカットです。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード