尾崎翠『第七官界彷徨』を読む(文芸漫談コレクション)

奥泉 光/いとうせいこう

108円(税込)
ポイント 1pt

通常ポイント:1pt

「作家としての来歴もよくわからないし、実質的な作家活動の期間も短い。ただその間にセンスあふれる作品を残し、後年まで影響を与えつづけている」(奥泉)。今回は、初期モダニズム小説の傑作、尾崎翠の『第七官界彷徨』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。本電子書籍は、文芸誌「すばる」2016年4月号に掲載された作品の電子版シングルカットです。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード