赤の神紋

桑原水菜/藤井咲耶

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

新進作家の響生(ひびき)は、先行する天才戯曲家、榛原(はいばら)の作風の呪縛から逃れようと足掻いていたある日、路上で歌うひとりの青年の声に惹かれ立ち止まった。戯れに手元の榛原の戯曲の一節を演じさせて、響生は衝撃を受ける。独特の眼差しを持つその若者のなかに、魔的なまでの役者の才能を感じ取ったからだ。それから2年、響生は東京の小劇場の舞台の上に、再び「彼」を見いだすが……。

続きを読む
  • 赤の神紋 全 16 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    赤の神紋 全 16 巻

    8,272円(税込)
    82pt獲得

レビュー

レビューコメント(12件)
  • 2008/02/03

    ミラージュ以外の桑原作品初体験ですが、 お も し ろ い !
    舞台(ステージの上という意味ではなくて物語の。)が全然身近に感じられるし(そりゃあ怨霊退治とくらべちゃあねぇ)、演劇っていう要素も身近...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2009/11/07

    売れっ子ながら天才劇作家の影響から逃れようともがく小説家と、才能あふれた青年俳優の演劇界での成長と愛憎劇。
    ガラスの仮面っぷりと水菜ワールド全開っぷりが楽しい一作。
    水菜節と言うか、水菜的表現が素晴ら...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2007/07/03

    コバルト文庫/著:桑原水菜

    桑原先生といえばミラージュ!ですが、神紋もかなりおすすめです。

    登場人物達の人間関係にもドキドキしますが、それ以上に舞台での対決や想像をかりたてる文章にさすが桑原作品!...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード