「減塩」が病気をつくる!

著:石原結實

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高血圧や動脈硬化、心臓病の原因になるなど、とかく悪者にされてきた塩。ところが、アメリカの大規模な医学調査で、塩分摂取量が少ないほうが高血圧や心疾患、脳卒中の死亡率が高いという結果が出るなど、「塩=健康に悪い」を否定する医学発表が続々となさるようになってきた。世界や日本の長寿地方(コーカサス地方や長野県など)が塩分摂取量が比較的に多いことも明らかになっている。じつは、塩は体を温め、代謝を高め、病気を遠ざける人間の体に欠かせない物質。そんな塩の重要性を何十年も訴え続けてきたカリスマ医師が、最新事例をもとに、塩のすごい効果を引き出す摂り方を大公開。元厚生大臣・藤本孝雄元氏も絶賛の一冊!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      西洋医学が塩を悪者にして50年以上が。水は0度で凍り、海水は-2度で凍る。塩分は2度温める力がある。結論は「塩は無罪」。それどころか、減塩すると、体温が1度下がり、免疫力が低下し、ガン、肺炎、アレルギ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
      とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      うーん。タイトルにある様に主張している感じが全体として伝わって来なかった。
      塩をたくさん摂るのが合う人と合わない人がいるってことで理解した感じ。
      もちろん塩は必要だろうから自分に合う分を摂るしかないっ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001756612","price":"968"}]

    セーフモード