【最新刊】世界のすべてのさよなら

世界のすべてのさよなら

1冊

著:白岩玄

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    離れたくなかった。失いたくなかった。人生は痛みによってそれらしくなっていく――別れと後悔の先のストーリー。『野ブタ。をプロデュース』の著者、新境地。30歳になった同級生四人の物語。会社員としてまっとうに人生を切り拓こうとする悠。ダメ男に振り回されてばかりの翠。画家としての道を黙々と突き進む竜平。体を壊して人生の休み時間中の瑛一。悠の結婚をきっかけに、それぞれに変化が訪れて……。失われた時間と関係性を抱きしめながら、今日の次に明日が続く。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/21
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.2
    4
    5
    1
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/27Posted by ブクログ

      別れと後悔の先のストーリー。
      30歳になった同級生四人の物語…だそうな。
      数週間前に読み終わったばかりなのに読みやすかった、としか残っていない。
      そんなこともあったな、と思いつつ、感情移入できなか...

      続きを読む
    • 2017/08/31Posted by ブクログ

      「自分にとっての大事なものが変わってく。順番つけてるわけじゃないのにね」

      それでも確かに存在した関係性を抱きしめて1人1人の人生を生きていく。
      人と人との関係は永遠ではないから。だから愛おしい。
      ...

      続きを読む
    • 2017/08/24Posted by ブクログ

      美大に通っていた頃からの仲良し4人組。
      悠、翠、竜平、瑛一と物語は進む。
      紅一点、翠も30歳になり、素の部分を出してくるようになった。
      読み手が引いてしまうようなキラキラと眩しい関係でもなく、それぞれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード