教育幻想 ──クールティーチャー宣言

菅野仁

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学校の目的は「すばらしい人を作る」ことではなく、「社会に適応できる人」を育成すること。自由も管理も理想も現実も、こと教育となると極端に考えがち。問題を「分けて考えて」、より「マシな」解決の道筋を見つけよう。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(16件)
    • 2018/12/26

      今まである程度の教育書を読んできたつもりだが、これほどリアリスティックに教育現場を考え尽くした本はないと思う。

      全ては生徒のためと、最終的には根性論や愛情という言葉で思考停止をしてきた自分を恥じてい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/03/22

      欲望を統制する作法の身体化を子どもたちに伝授する。
      理想と現実の折り合いをつける。
      事柄志向と人柄志向のバランスを見極める。

      子どもと接する上で、
      常に考えなくてはならないことばかりだった。
      あまり...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/01/24
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード