【最新刊】部活があぶない

部活があぶない

1冊

島沢優子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今、児童虐待と化している「ブラック部活」が社会問題となっています。・バスケ部内でハーレムを形成するセクハラ顧問・難聴になるほど練習させる吹奏楽部など、こうした事例は枚挙にいとまがありません。一方で部活指導に時間を取られ、教師たちも悲鳴を上げています。その実態を徹底取材し対策を考えます。保護者や学校関係者はもちろん、部活の思い出を熱く語る大人にも読んでほしい一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/23
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.2
    7
    5
    3
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/28Posted by ブクログ

      部活があぶない。島沢優子先生の著書。社会問題化しつつあるブラック部活問題をわかりやすく解説した良書。部活の存在は否定されるべきものではないけれど、子供たちと保護者たち、教師たちが全て幸せになる形での部...

      続きを読む
    • 2017/12/04Posted by ブクログ

      私は絶対体罰反対だ。どんな理由であっても体罰はいけないと思っている。それなのに、部活動においては、いまだに体罰は行われている。なぜなのだろうか?

      この本は、部活動での顧問の指導(?)をきっかけに自殺...

      続きを読む
    • 2017/08/09Posted by ブクログ

      2012年に桜宮高校バスケット部の生徒が顧問教師からの体罰が原因となって自殺をしました。それ以来、体罰や暴言、セクハラなど部活動における生徒への虐待がクローズアップされています。著者は部活動の素晴らし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード