【最新刊】「香り」の科学 匂いの正体からその効能まで

「香り」の科学 匂いの正体からその効能まで
1冊

平山令明

1,080円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

人類は何千年も前から香料を利用してきましたが、じつは「匂い」を感じるメカニズムや、その正体が何かということについては、長い間謎に包まれていました。自然にはどんな香りが存在するのか?人は新しい香りをどのように作りだしてきたのか?アロマテラピー、香水、シャンプーや石鹸などの香りは、人体にどのような影響を与えるのか?香りの神秘を最新科学で解き明かします。

続きを読む

レビュー

3.3
6
5
0
4
4
3
0
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/23Posted by ブクログ

    香水や香料の香りがするメカニズムや化学式について書かれています。化学式に強い方ならもっと楽しめると思います。

  • 2017/10/08Posted by ブクログ

    借りたもの。
    香り成分を化学的に分析し、その種類・効能について簡単にまとめた本。新書判ながら内容は充実していて、わかりやすい。
    香りの分類、分子構造からその“正体”を突き止めようとする。同じ分子でも異...

    続きを読む
  • 2017/09/25Posted by ブクログ

    大学時代は一応理系だったのと、化学の基礎知識もあるので、流石に化学反応まで詳しくはないけれど、読んでいて面白かった。

    以下、気になった内容。

    プルースト効果という、香りにより記憶を思い出す効果は、...

    続きを読む
開く

セーフモード