【最新刊】カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史

カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史

著:土屋健 協力:田中源吾

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    前恐竜時代にもさまざまな古生物が生きていた。三葉虫が繁栄し、アノマロカリスがカンブリア紀の覇者となる。デボン紀にはアンモナイトの仲間がまっすぐのびた円錐形からしだいに丸くなり、ティクターリクが“腕立て伏せ”をはじめる。古生代最後のペルム紀には、イノストランケヴィアをはじめとする単弓類が覇権をにぎる! ダイナミックかつドラマチックな古生代の物語が、いま、ここにはじまる。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/23
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2017/11/25Posted by ブクログ

      著者土屋氏の愛を感じる。巻末に表紙カバーに登場する古生物の紹介。こんな本はなかなかない。栄枯盛衰があっての、本文最終ページの「単弓類、覇者となる」のイラスト。数億年の旅を経たのちのこのイラストはとても...

      続きを読む
    • 2017/09/25Posted by ブクログ

      昔NHKでカンブリア紀の爆発的進化を特集した事があって、それ以来のアノマロカリスファンです。「ワンダフルライフ」も持ってます。昨年の新垣結衣がナビゲーターをしていたNHK特集にも出てましたね。この時代...

      続きを読む
    • 2017/07/06Posted by ブクログ

      小学生の頃にアノマロカリスを好きになったけど特に勉強もしないまま今に至る。そんな私にもわかりやすく、先カンブリア紀から古生代の終わりまでの代表的な生き物の栄枯盛衰が述べられている。やや主観的な表現も多...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001756071","price":"1320"}]

    セーフモード