鬼灯(ほおずき)ほろほろ~九十九字ふしぎ屋 商い中~

霜島けい

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お盆用の鬼灯を求め、ナツと一緒に浅草寺にやって来たるいは、子供に財布を掏られそうになる。ナツが捕まえた男の子、寛太は棲む家もなく丸二日食べていないという。少年には、何やら女の亡者が憑いているようだったが……。寛太が「姉ちゃん」と呼ぶ女の正体とは?(表題作)あやかしたちと心やさしき人々の交流に胸がじんとあたたまる、大好評シリーズ第六弾。

    続きを読む
    • 九十九字ふしぎ屋 商い中 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      九十九字ふしぎ屋 商い中 全 6 巻

      3,740円(税込)
      37pt獲得

    レビュー

    • 2018/08/31Posted by ブクログ

      ぬり壁のむすめと言っても妖怪ではない。父親が気づいたら壁になっていたのだ。とりあえず壁の妖怪だからぬり壁と言っている。こんな状況なので仕事先が見つからず、ようやく見つけたのが不思議を商う店。筋は通って...

      続きを読む
    • 2018/09/23Posted by ブクログ

      シリーズ2作目。前回では用心棒役なのかと思っていた、ぬりかべのお父さんは、あんまり活躍していないなぁと思ったら、別の意味で活躍していた。役割がきっちり決まってしまわないほうが面白いかもしれない。お話が...

      続きを読む
    • 2018/09/23Posted by ブクログ

      子どものころから幽霊とか見えちゃうるいちゃん。
      左官だった父親が、亡くなったらぬり壁になっちゃったとか、もうその設定だけで、好きな展開。

      るいちゃんのキャラが好きすぎる。
      冬吾さんは、ちょっとよく分...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002384160","price":"605"}]

    セーフモード