【最新刊】一番よくわかる 庭木の剪定

一番よくわかる 庭木の剪定

1冊

監修:小池英憲

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。初心者でも庭木の切り方がきちんとわかるよう、“ここを切る!”“ここは残す!”がひと目でわかるイラストで解説。落葉樹など、年2回(夏・冬)剪定を行ったほうがよい庭木については、それぞれの剪定方法もていねいに解説しているので、より健やかに育てることができます。また、花木については花芽の位置を詳しく説明しているので誤って切り落としてしまう、というリスクを軽減することができます。かんきつ類など、果樹も掲載しているので、幅広く活用できます。

    続きを読む
    ページ数
    195ページ
    提供開始日
    2017/06/23

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/13Posted by ブクログ

      私の知りたかった木(イヌツゲ・アベリア)に関しては、もう一冊の本よりこの本の方が詳しく剪定方法が載っていた。

    • 2019/02/26Posted by ブクログ

      一番よくわかる庭木の剪定
      初心者でも失敗しない、切り方・管理のポイントを紹介!
      著者小池英憲/監修 コイケ,ヒデノリ

      内容紹介
      切る枝・残す枝がひと目でわかり、花芽を落とさない切り方や、管理のし...

      続きを読む

    セーフモード