【最新刊】学習する組織 ― システム思考で未来を創造する

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する
1冊

著:ピーター・M・センゲ 訳:枝廣淳子 訳:小田理一郎 訳:中小路佳代子

3,780円(税込)
ポイント 37pt

通常ポイント:37pt

世界100万部突破! 人とチームの「学習能力」の根源を探りマネジメントの新常識を打ち立てた名著、待望の増補改訂・完訳版。今日、世界はますます複雑になり、ビジネス環境は日々変容し、私たちの仕事はかつてなく「学習」が求められるものとなった。これまでのマネジメントの枠組みはもはや通用しない。不確実性に満ちた現代、私たちの生存と繁栄の鍵となるのは、組織としての「学習能力」である。――自律的かつ柔軟に進化しつづける「学習する組織」のコンセプトと構築法を説いた本書は、世界100万部を超えるベストセラーとなり、90年代のビジネス界に一大ムーブメントを巻き起こした。2006年刊の増補改訂版である本書『学習する組織』は、企業、学校、地域コミュニティ、社会課題など、さまざまな実践事例を踏まえて大幅に加筆修正されており、いま個人・企業・社会に求められる真の「変革」とは何かを私たちに問いかける。ユニリーバ、VISA、インテル、世界銀行、ヒューレット・パッカードなど多様な組織で導入されてきた「学習する組織」。著者ピーター・センゲの深い人間洞察と豊富なケーススタディに裏打ちされた本書を通じて、管理ではなく学習を、正解への固執ではなく好奇心を、恐怖ではなく愛を基盤とする、新たな「マネジメント」のあり方があなたにも見えてくるに違いない。【推薦】組織は全体として機能する――経営の本質えぐる不朽の名著組織はシステムであり、「分かたれることのない全体」としてはじめて機能する。古今東西変わらない経営の本質であり、言ってみれば当たり前の話である。しかし、この当たり前の原則を見失って衰退する企業がいかに多いことか。これもまた古今東西不変の現象である。なぜか。皮肉なことに、多くの企業が意識的もしくは無意識のうちにつくりあげている経営の「システム」が、システムとしての組織を破壊しているからである。従来の支配的な経営システムは、「アナリシス」(分析)を強調するあまり、肝心の全体の「シンセシス」(綜合)をなおざりにしてきた。システム思考の概念と実践を説く本書は、誰もが表面的には大切だと思いながら、そのつかみどころのなさゆえに直視せずに避けて通ってきた経営の本質部分に正面から手を突っ込み、えぐり出し、手に取るように見せてくれる。本書の洞察は決して古くなることがない。文字通り不朽の名著である。――楠木建氏(一橋大学大学院教授、『ストーリーとしての競争戦略』著者)

続きを読む

レビュー

4.2
41
5
21
4
9
3
10
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/02Posted by ブクログ

    5つの学習の「ディシプリン」を深く解説。
    丁寧でロジカルな説明だけでなく、事例も紹介。
    出来事ではなくシステムで捉える点は感銘を受けた。

    内容が広く深い。多くて濃い。
    1回読んだだけで「わかった気に...

    続きを読む
  • 2019/04/26Posted by ブクログ

    図書館から借りてきたが2週間で半分くらいしか読めず、タイムアップで返した本。

    なにしろ580ページもある。内容的にも重厚な本で、読みながらいろいろ考えてしまうので、なかなか進まない。それだけ読み応え...

    続きを読む
  • 2019/03/12Posted by ブクログ

    年間で10冊まで読まないビジネス書。簡単にメモだけ。
    ・「システム思考」がベース。
    ・「1個人は全体に影響を及ぼすことはない」と考えない。
    ・行動の結果は、ロールのビューから見えない、時間軸上でずれた...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード