【最新刊】GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦

GE 巨人の復活

1冊

著:中田敦

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    脱・ウェルチの経営改革を徹底取材! 世界最大の重電メーカー、ゼネラル・エレクトリック(GE)は金融事業の撤退に伴い、1兆9000億円にも上る特別損失を計上した。これは、「20世紀最高のCEO」とまで呼ばれたジャック・ウェルチが作り上げたコングロマリットとしてのGE、株式時価総額で常に世界1位を争ってきたGEの挫折の象徴だ。現CEOのジェフ・イメルトは、ウェルチ経営から大きく戦略を転換する。社員30万人の巨大企業でありながら、グーグルなどシリコンバレーのスタートアップを徹底的にまね、 「デジタル製造業」に姿を変えようとしている。<事業>金融中心から、「デジタル製造業」へ<製品>産業機器の販売中心から、産業機器の生産性を上げるサービスに拡大<開発>縦割りの開発体制から、ソフトウエアはデジタル部門でまとめる体制へ失敗を許さない文化から、リーンスタートアップ方式で素早く失敗する文化へ製造現場にセンサーを張り巡らせたブリリアントファクトリーへ<人事制度>「ナインブロック」で社員を評価する方式から、能力開発の「パフォーマンスデベロップメント」へ<成長戦略>M&Aとリストラによる成長から、自社開発サービスでの成長へ

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/15
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.3
    11
    5
    5
    4
    5
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/07Posted by ブクログ

      GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦
      中田 敦

      ・GEの製造業回帰のきっかけ
      ①リーマンショックによる金融部門の特別損失(合計1.9兆)
      ②デジタル破壊(Googleがイ...

      続きを読む
    • 2018/07/12Posted by ブクログ

      B2Bは地味に見えるし、戦略がシリコンバレーのパクリっぽくて、物語としてはあまり面白みがない。ただし、きたるIoT時代はこういう地道な戦略が身を結ぶかもしれないとも感じた。

    • 2018/04/07Posted by ブクログ

      GEがどのように変化しようとしているのか。
      その具体的な変革の一端が読み取れる。

      GEをあまり知らない人にはわかりやすい書籍です。
      GEの中の人からGEについてある程度情報を得ている人には情報の整理...

      続きを読む
    開く

    セーフモード