【最新刊】あと5年で銀行は半分以下になる

あと5年で銀行は半分以下になる

1冊

著:渡邉哲也

1,300円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本社会が少子高齢化を迎えて消費が伸び悩み、地方の過疎化も急速に進むなか、銀行のあり方が問われている。日本経済全体が長きにわたるデフレから脱却できないのも、銀行がリスクを恐れて顧客に融資をしようとしないことが大きな要因と見られているため、日本政府はついに銀行業界にメスを入れるようだ。いま実施されている「マイナス金利」政策も、その一環だと言える。地域をまたがる「水平合併」、同じ地域での地方銀行と地域金融機関同士の「垂直合併」――これらがまさに推し進められようとしている。また日本の銀行は、行員維持のために顧客に損をさせるような金融商品を売り込んだり、地域企業の資金調達を困難にしているなどの問題もある。日本政府は、どう整理してメスを入れようとしているのだろうか。ベストセラー『パナマ文書』の著者が、誰もが無関心ではいられない「銀行」の問題を、誰よりも平易に解説しつつ、これからどうなるかを論じる。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/23
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/02Posted by ブクログ

      日本の銀行へ厳しいコメント ただし網羅的で分析は浅い
      特に地方銀行は既得権益にあぐらの特権階級
       機能不全・サービス劣化 預かり資産営業は銀行本位でお客さまへ損害
      欧州銀行もリーマン以降集中治療室 時...

      続きを読む
    • 2017/05/01Posted by ブクログ

       4月に幾つかの銀行の合併が報道された。またしても著者の予測通りとなってしまった。銀行を取り巻く状況を銀行の本来の役割とともに解説し、どこに問題があるか、何が問題なのかを淡々と述べている。4月以降の動...

      続きを読む

    セーフモード