【最新刊】松下幸之助とその社員は逆境をいかに乗り越えたか

松下幸之助とその社員は逆境をいかに乗り越えたか

1冊

著:唐津一

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本経済が不調と騒がれているが、いま求められているのは知恵と努力である。そんな中で、「明日は常に新しいもの」であった松下幸之助の発想こそ苦難につき当たったとき参考になる、と著者は言う。松下幸之助に請われ松下通信工業に入社し、以降20年に渡って、経営の真髄、社員稼業哲学を修得した著者が、危機に直面するたびに強くなっていった経営の秘密を明かす。「不況だからといって解雇しない理由」「また人を集めるより、待っていた方が楽」「経営にはいくらでもやり方がある」「発想ひとつで20%のコストダウンが可能」「高価なものを買い二倍働く」「値段を下げて儲けなさい」「不振の原因は100%社内にあり」「今こそ水道哲学の原点、社会的使命を知るべし」といったアドバイスから「モノづくりを捨てた社会は健康か」「環境破壊をどう防ぐか」まで話は及ぶ。逆境を乗り切りさらに飛躍するために経営者に必要なエッセンスを満載。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/23
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/11/03Posted by ブクログ

      青春の定義
      肉体的若さではなく、
      心の豊かさ、情熱を持ち合わせること

      水道哲学
      蛇口をひねってでてくる水のように
      良いものを、安く、万人に供給する

      ダム経営
      資金、設備、在庫の余裕
      ゆとりがある
      ...

      続きを読む

    セーフモード