かけひきの科学 情報をいかに使うか

著:唐津一

640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    黒を白といいくるめるほどの手管がなければ、交渉ごとには勝てない。経済力、技術力という武器をもちながら、アメリカの巧妙な戦略に手もなくはまってしまうのは、日本人が「かけひき」の技術に長けていないからだといわれる。相手の行動をいかに予測し、備えるか、切り札となる情報とは何か、情報をどう駆使すれば目的を達成できるのか――データに裏打ちされた議論でつとに名高い筆者が、「かけひき」の本質を解明する。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    11
    5
    1
    4
    2
    3
    7
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/11/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      経済に関するトピックを駆け引きという視点で解説してくれる本。ゲーム理論にも少し触れているが、それよりも、具体的なトピック自体が興味深い。ソニーのコンプライアンスに対する対処、RCAの顛末、日露戦争の話...

      続きを読む
    • 2016/09/20Posted by ブクログ

      どちらかと言うと副題であく「情報をいかに使うか」という方がメインの本。いかにもPHP新書らしく、歴史・戦略・経済と、中年ビジネスマンが好きそうな内容となっている。

      基本的なところとしては、情報とは何...

      続きを読む
    開く

    セーフモード