【完結済み】鹿の王 1

鹿の王

完結

4冊

著者:上橋菜穂子

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角(どつかく)”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てるが!? たったふたりだけ生き残った父と子が、未曾有の危機に立ち向かう! 解説:朝加昌良

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/17
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 鹿の王 全 4 巻

      未購入巻をまとめて購入

      鹿の王 全 4 巻

      2,816円(税込)
      28pt獲得

    レビュー

    4.1
    187
    5
    61
    4
    88
    3
    35
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/15Posted by ブクログ

      医療の道を先に進めるためにたゆまぬ努力をしているホッサルに、心を動かされます。
      このあとユナが連れ去られてしまったし、病の原因など、裏で何が起きているのか、どうなっていくのか気になります。

    • 2020/01/02Posted by ブクログ

      歴史ものあんまり読まないけど後輩に勧められて数年越しに読むという ミッツァルの謎もよくよく紐解かれていくとああなるほどねーな部分があり面白かった 難解な部分も多かったのでまた時間作ってもう1回読み...

      続きを読む
    • 2019/12/30Posted by ブクログ

      〈1-4巻合わせて〉
      2015年本屋大賞受賞作。ファンタジー×医療。

      アカファ岩塩鉱はある日、謎の犬に襲撃を受ける。その後日を置かず、鉱内の人間が病に倒れ、全滅してしまう。生き残ったのは奴隷のヴァン...

      続きを読む
    開く

    セーフモード