【最新刊】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

1冊

原作:岩井俊二 著者:大根仁

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか、平べったいのか?」夏の花火大会の日、港町で暮らす典道は幼なじみと灯台に登って花火を横から見る約束をする。その日の夕方、密かに想いを寄せる同級生のなずなから突然「かけおち」に誘われる。なずなが母親に連れ戻されて「かけおち」は失敗し、二人は離れ離れに。彼女をとり戻すため、典道はもう一度同じ日をやり直すことを願うが――。繰り返す1日の果てに起こる、恋の奇跡の物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/17
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2.8
    32
    5
    2
    4
    5
    3
    13
    2
    9
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/10/01Posted by ブクログ

      映画も見たことがあって、深く理解できてない点があったので小説も読んでみた。
      すいすいと読めて気持ちのいい文章の書き方。

      ただし、映画よりなにか情報が多いかな?と思ったがそうでもなく、わりと映画そのま...

      続きを読む
    • 2019/08/26Posted by ブクログ

      2019/8/26

      910||イワ (3階文庫)

      夏の花火大会の日、典道は幼なじみと灯台に登って花火を横から見る約束をする。その日の夕方、想いを寄せる同級生のなずなから突然「かけおち」に誘われる。...

      続きを読む
    • 2019/06/25Posted by ブクログ

      読書すること自体得意じゃないし、久しぶりの読書だったけれど、途中からかなり入り込めるお話でした。もしも町の情景など想像できる言葉遣いに感動した。語彙力がないのでこれからも読書を続けたいと思います。ちな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード