都会の詩 上巻

野梨原花南/山田南平

486円(税込)
ポイント 4pt

父親が奇妙な研究をしていることを除けば、わりと普通の高校生、天先斗基(あまさきとき)。適当にかわいい彼女だっている――。父親に呼び出され、学校を休んで山手線に乗っていたとき、電車が揺れて斗基はよろけてしまう。とっさに目の前につきだされた誰かの腕にしがみついた。振り返ると、そこにはアイドル張りの笑顔。「僕は君を守るために生まれてきた」。ヒカルと名乗る青少年は、斗基にそう告げるが!?

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード