【最新刊】カルマ真仙教事件 (下)

カルマ真仙教事件

3冊

濱嘉之

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    次々と教団幹部が逮捕され、自白を始めた。そしてついに教祖・阿佐川公照が―― カルマ真仙教と公安警察の戦いを描いた全三作、完結!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.8
    23
    5
    8
    4
    6
    3
    7
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/04Posted by ブクログ

      中巻読了。
      まさしく「地下鉄サリン事件」の渦中が舞台。

      フィクションではあるが、登場人物にはおそらく一人一人に実在のモデルがいるのだろうと思われる。
      (教団側だけでなく、警察側にも)

      それにしても...

      続きを読む
    • 2018/08/31Posted by ブクログ

      濱嘉之の3冊目読み。かな~り久しぶり。
      たしか、「警視庁情報官」のシリーズを2冊ほど読んだのだったかと。。。

      筆者が元公安警察官だったことに興味を抱いて手に取ったものの、“情報戦”の描写の性質上の問...

      続きを読む
    • 2018/08/09Posted by ブクログ

      中盤に突入。そして恐れていたあの事件が勃発する。地下鉄サリン事件。
      現場の騒然とした風景が目に見えてくる。一方でこの事件の発生は警察の敗北を意味した。屈辱に滲む警察組織の裏側も赤裸々に伝わってくる。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード