【最新刊】新訳 メアリと魔女の花(角川つばさ文庫)

新訳 メアリと魔女の花(角川つばさ文庫)

1冊

作:メアリー・スチュアート 訳:越前敏弥 訳:中田有紀 挿絵:YUME

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    わたしメアリ。なんのとりえもない、ひとりぼっちの女の子。ぐうぜん出会った黒ネコのティブに教えられて、ふしぎな花を見つけたの。7年に1度しか咲かない「夜間飛行」と呼ばれているきれいなお花。その花の力で、ほうきが舞いあがり、変な大学に連れてこられちゃった。そこでは、魔法を教えてくれるみたいだけど!?メアリとティブの愛と感動の冒険がはじまる!小学生のうちに読んでおきたい名作が、読みやすい新訳で登場!すべての漢字にふりがながふってあります。【小学中級から ★★】

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/15
    連載誌/レーベル
    角川つばさ文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    児童文学

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/07/24Posted by ブクログ

      映画を観てきました
      楽しかったです
      なんか「ジェネリックジブリ」っていわれてるみたいですが
      たしかに……
      この原作1971年なんですね
      ハリーポッターより前なんだ!
      映画で??のところが!!でした
      ...

      続きを読む
    • 2017/07/09Posted by ブクログ

      「ハリー・ポッター」を想起させる(こちらの方が、はるか以前の作品ですが)魔法学校の描写や設定が楽しかったです。 ―― https://bookmeter.com/reviews/65367815

    セーフモード