【最新刊】親子で学ぶはじめてのプログラミング Unityで3Dゲームをつくろう!

親子で学ぶはじめてのプログラミング Unityで3Dゲームをつくろう!

1冊

著:掌田津耶乃

3,014円(税込)
1%獲得

30pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。初心者歓迎!Unityで3Dゲームを作りながらプログラミングの基礎が学べる親子で楽しく読める、プログラミングを学ぶ本です。Unityで3Dゲームを作りながらプログラミングの初歩を学びます。Unity環境をWebサイトからダウンロード&インストールするところから一歩一歩解説していますので、まったくの初心者でも大丈夫です。プログラミングを学ぶために、子供向けにアレンジされたツールを使う方法もあります。ですが、それを学んでも難しいことはできませんし、その先へ行こうとすると結局イチから言語を学び直さないといけません。しかも、実は「学ぶことの難しさ」はあまり変わらないのです。学ぶ難しさは同じで、できることが狭いとしたらあまりにも悲しいことです。本書ではUnityでC#を利用しながら、本格プログラミングを学びます。すらすら読めるように、パソコンオタクのパパと男子中学生、エイイチくんの会話/物語形式を挟みながら解説します。難しいところはあえて会話にしていますので、つまずかずに読み進められますよ。簡単なメッセージを表示するプログラムから始めて、画像を操作したり、GUIを作成したりしながら、最後には本格的なゲームを作ってみるところまでやってみましょう。ボールの重さや投げる方向を設定できるボウリングゲーム、ボールを転がして道路を作っていくハイウェイ・メーカー、キャノン(大砲)を操作して迫りくる敵を片っ端から破壊する砲撃ゲームが作れます。まずは本どおりに作ってみて、その後はいろいろな数値や設定をカスタマイズして、オリジナルゲームを作りあげましょう!もし本書を終えてもっと深く知りたいと思ったら、数あるUnity解説書を手にとってください。あなたにはもうそれを読みこなせるだけの力がついているはずです。親子だけでなく、普通のUnityプログラミング解説書を読んで挫折した学生さん、エンジニア志望の皆さんにもおすすめです。【本書の構成】1日目Unityの使い方を覚えよう!2日目いよいよプログラミングを開始!3日目ゲームオブジェクトを動かそう!4日目ゲームオブジェクトを使いこなそう!5日目キャラクタ同士の処理を考えよう!6日目GUIを使おう!7日目ゲーム作りに挑戦!

    続きを読む
    ページ数
    357ページ
    提供開始日
    2017/06/16

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/26Posted by ブクログ

      Unityの基礎が一通り学べる本。どのように操作すればいいか、単語はどういう意味か、という内容が丁寧に書かれている。
      ただ、初心者だと面白くないかも。サンプルゲームを作る、というより、一つ一つのコント...

      続きを読む

    セーフモード