【最新刊】粛清の王朝・北朝鮮―金正恩は、何を恐れているのか

粛清の王朝・北朝鮮―金正恩は、何を恐れているのか

1冊

著:羅鍾一 訳:ムーギー・キム

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    緊急翻訳出版!北朝鮮だけ、なぜ改革できないのか?なぜ指導者層で、大粛清が繰り返されるのか?暴発寸前の金正恩に対し、どう対応すればいいのか?韓国でもっとも信頼されている対北朝鮮政策の第一人者、羅鍾一教授。そのベストセラーを、著者と親交の深い“グローバルエリート”ムーギー・キムが翻訳・編集。だから「本格的」なのに「読みやすい」! 数多くの脱北者・元北朝鮮高級幹部たちへの取材と歴代韓国大統領の補佐官としての経験から明らかにする、金王朝の熾烈な権力闘争の実態とその行動原理。 北朝鮮の「いま」がわかるのみならず、権力の本質と、政治システムへの洞察があふれる名著です!■本書の3大特徴1.北朝鮮への知識・関心がゼロでも楽しく読める!2.著者の、圧倒的な信頼性―この一冊で、本当の実態と本質がわかる!3.北朝鮮のなぜ?が理解できる!【訳者からのコメント】ビジネスパーソンに、ぜひ読んでほしい一冊です。本書では、金王朝の【1】過度の集権化の成功と、【2】権力移譲システムの不備、そして【3】権力維持自体が自己目的化した、「唯一的領導体系」への固執が、改革が不可能な矛盾した絶対権力に繋がっていると論じられています。本書は北朝鮮情勢に関心がなくても、企業のトップを選ぶガバナンスのあり方を学ぶうえで、非常に重要な示唆にあふれています。しかも、私が翻訳と編集をしたから、超読みやすくて面白い!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/09

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/17Posted by ブクログ

      北朝鮮というか独裁国家の権力への執着がとてもよくわかる著作でした。あの秘密のヴェールに包まれた北朝鮮をよくここまで調べて書き上げたものだと感嘆しました。3代続く金王朝のナンバー2の生涯をたどることによ...

      続きを読む

    セーフモード