【最新刊】伊賀忍び控え帖

伊賀忍び控え帖
1冊

著:津本陽

650円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

世は梟雄・松永弾正(久秀)が台頭し、戦国の乱れが深まる時代――忍者の里として知られる伊賀では、人間離れした手練れの忍術を遣い、「闇の仕事」を請け負って乱世をしたたかに生き抜いた男たちがいた。伊賀者・遠山太兵衛は、遙か遠くを見通す「天眼通」、人の心を読む「他心通」など、厳しい修練で会得した特殊能力によって、一人の主君を求めずに己の力だけを頼りに生きる。他の忍者集団との激しい死闘、戦国大名を罠に嵌める見事な手口など、自由と背中合わせの危険のなかで闘い続ける太兵衛らの生き様は、手に汗握る波乱の展開に息つく間もない。歴史小説・剣豪小説の大家である著者が、「史実」に近い伊賀忍者の実像を踏まえつつ、極上のエンターテインメントに仕上げた長編小説。既存の忍者像を一変させ、緊迫の展開に胸躍る傑作に仕上がっている。

続きを読む
提供開始日
2017/06/16
連載誌/レーベル
PHP文芸文庫

レビュー

3
2
5
0
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/12/28Posted by ブクログ

    津本陽の独特の雰囲気は好きです。
    方言なんかも。
    ゆえに理解の浅いことも。
    自分の実力不足。(笑)

  • 2014/10/14Posted by ブクログ

    危機はなく、でも、その時代のことがよくわかる。
    後半、信長が出てくると俄然話がおもしろくなるのは、(それでも危機は少ないけれど…)なぜだろう。

セーフモード