日本人のこころの言葉 最澄

多田孝正/木内堯大

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    仏教が国家の庇護を受け、僧侶がエリートの地位に安閑としていた時代に、最澄は比叡山に入って修行を始め、すべての人びとを迷いから救い出すことを決意する。その利他の精神と清々しい生き方は、その後の日本仏教のあり方をリードし、法然・親鸞・日蓮など鎌倉仏教の祖師たちは比叡山で修行することによって成長している。「一隅を照らす」人びとを国宝とするその教えは、いまその輝きを増している。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード