日本人のこころの言葉 最澄

多田孝正/木内堯大

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    仏教が国家の庇護を受け、僧侶がエリートの地位に安閑としていた時代に、最澄は比叡山に入って修行を始め、すべての人びとを迷いから救い出すことを決意する。その利他の精神と清々しい生き方は、その後の日本仏教のあり方をリードし、法然・親鸞・日蓮など鎌倉仏教の祖師たちは比叡山で修行することによって成長している。「一隅を照らす」人びとを国宝とするその教えは、いまその輝きを増している。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      おかざき真里「阿・吽」つながりで。「悪事を己に向かえ、好事を他に与え、己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり(「山家学生式」六条式)。唐へ渡り、帰国、比叡山に法灯をともし、密教を学ぶため、空海から灌腸を...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001751909","price":"1320"}]

    セーフモード