影武者 徳川家康 1巻

原作:隆慶一郎 漫画:原哲夫 脚本:會川昇

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

慶長五年関ヶ原。家康は島左近配下の武田忍びに暗殺された! 家康の死が洩れると士気に影響する。このいくさに敗れては徳川家による天下統一もない。徳川陣営は苦肉の策として、影武者・世良田二郎三郎を家康に仕立てた。しかし、この影武者、只者ではなかった。かつて一向一揆で信長を射った「いくさ人」であり、十年の影武者生活で家康の兵法や思考法まで身につけていたのだ…。

続きを読む
  • 影武者 徳川家康 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    影武者 徳川家康 全 4 巻

    3,080円(税込)
    30pt獲得

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2010/05/10Posted by ブクログ

    面白かったーです。

    昔から歴史ものには弱くて
    ただただ年表を追って人物とそれにまつわる事柄を
    記憶するのみ、という扱いだった為
    何の興味も無かったのですが


    学生の頃にこういう漫画読んでおけばよか...

    続きを読む
  • 2012/02/04Posted by ブクログ

    自分が持ってる、「徳川家康」のイメージとは違い、かなり恰好いい。
    もうちょっと、ぽっちゃりしてる家康のほうがしっくりくる。
    少年誌の主人公としての家康だから仕方ないか・・・
     
    実際の歴史も、このマン...

    続きを読む
  • 2011/11/05Posted by ブクログ

    家康は日本最高の野戦司令官である。
    だからこそ、この関ヶ原を決戦の場所に選んだのだ。
    しかし、その家康を失っては、この地での勝ちはない。(p.186)

セーフモード