【最新刊】不動産格差

不動産格差

1冊

著:長嶋修

935円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の不動産は「格差の時代」に入りました。我が国では、空き家が大幅増加、すでに1,000万戸の大台に乗っていると見られ、2033年には2,000万戸を突破、空き家率は30%に上るという予測もあります。著者は、このような環境変化の中で、不動産市場は大きく3極分化するとみます。「価値維持あるいは上昇する 10-15%」「徐々に価値を下げ続ける 70%」「無価値あるいはマイナス価値に向かう 15-20%」です。すなわち、9割近くの不動産は徐々にまたは大きく下落していくのです。こうした大きな見通しのなか、不動産の見極め方、付き合い方、マンション・戸建て・中古の物件種別ごとの対処方法を紹介します。本書は2014年に刊行した『これから3年 不動産とどう付き合うか』を全面改訂したものです。<本書の読みどころ>・同じ市町村でも駅からの距離、地盤の質などによって明暗がわかれる。・とりわけマンションは利便性がすべてであり、駅近物件以外は手を出すべきではない。・これまで一軒家の価値は建てた瞬間から資産価値ゼロに向かって下がっていったが、これからは住宅市場データベースの整備によって、手入れ次第で価値を維持できる時代になる。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/05

    レビュー

    3.4
    9
    5
    0
    4
    5
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/06/29Posted by ブクログ

      1992年に生産緑地法が改正され、東京23区、首都圏などの政令指定都市において、固定資産税が農地並みに軽減される生産緑地制度が適用された。この適用期限が2022年に迎えて、全国で1万4000ha弱の住...

      続きを読む
    • 2018/04/09Posted by ブクログ

      人口減少の日本、9割の不動産は下がっていく。自治体ごと、また同じ自治体の中でも居住誘導地域になるかどうかで、価値が変わる。

      多くの人は損するとか儲けるとかより、安心して住んでいたいだけだと思うのだけ...

      続きを読む
    • 2018/02/03Posted by ブクログ

      不動産の今後の流れが大体分かった。自分の見立てと同じで、逆に少し物足りない内容に感じた。読んで損はない内容です。

    開く

    セーフモード